« 見つかった財布、でもなぜ警察署に…。 | トップページ

オットーの戦場はベッド! ~ケイトリン掃討作戦~

オットーがベッドに入ると、ソコは戦場と化す。とくに徹夜明けで、「あ~!48時間ぶりに寝られるよ~」なんて感激しているときは、アッチコッチ地雷だらけである。もともと眠りの浅いケイトリンは、ウトウトしたまま恐怖に耐えなくてはならないのだ。

【最初の20分】:死んだように大人しく眠るオットー。メタボくんなので、“本当に死んじゃってるかもしれない”と心配になる。腹を確認すると丸い山がボワンボワン上下しているので、安心して寝返りを打つケイトリン。オットーも、ベッドに入って初めて寝返りを打つ。そろそろ、作戦開始である。

【20分~40分後】:オットー、激しく寝言を言う。「モジャモジャモジャ」みたいな音を発しながらしゃべる。何を言ってるか知りたくて耳が冴えてしまうが、まず聞き取れない。「オットー、大丈夫?」と声をかけると、「ウー」と返答あり。

オットー、布団を抱えてローリング作戦開始。陣地拡大を図り、4分の3を奪取する。ケイトリンはオットーに背を向けて、ベッドから落とされないように防御体勢をとる。布団の奪還は失敗。亀さんのように丸くなり、羽毛の片寄った薄い端っコにかじりつくしかない。

【40分~1時間】:オットー、イビキ攻撃開始。バリエーションは3つ。割とノーマルな「ズビー、ズビー」の騒音作戦もあるが、あとの2つには何とも言えない威力がある。まず、毒ガス作戦。口をブウッと膨らませて、「プスー」と息を吹きかけるのである。ウトウトしていても、すんごい臭いで一気に覚醒(…寝る前に牛乳飲んでたナ)。

次は心理作戦。「グググッ」と音を出した後、急にシーンとするのである。今まで騒音と毒ガスに悩まされていたので、“おや?”とひっかかって目が覚める。再び息をしているか心配になるから、体を揺らすと「スウーッ」と音を出すので安心する。“でもコレ、睡眠時無呼吸なのでは?”と疑い、ちょっと眠れなくなる。

本格的な眠気がやってくるまで、オットーの攻撃に勝つ方法はナイということだ。このほかにも、ランダムにエルボーを喰らわせたり、抱き枕の長助(http://otto-katelyn.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_f5d9.html)と間違えて、腰にタックルしてきたり…熟睡なぞ、できないのである。

最後に、ついこの間落とされた「お笑い爆弾」を紹介しておこう。いつも通りのイビキとローリングの相乗作戦に加え、腰を抱え込まれたとき、ケイトリンはクタクタだった。何とか振りほどこうともがくと、急に目を開けたオットーは言った。「ボ~ジョレ~!」。

ものすごく人を小馬鹿した、おふざけトーンだったので大笑いしてしまったが、本人は何にも覚えていないらしい。毎夜繰り広げられるオットーの攻撃は迷惑千万だが、「お笑い爆弾」にはちょっと期待してしまう、今日この頃なのである。

|

« 見つかった財布、でもなぜ警察署に…。 | トップページ