« 華燭の典に招かれて ~フォアグラにテルミンにスピーチ、そしてヒゲのママ~ | トップページ | 夫婦の新習慣! ヘソのピルケース »

ペロンチョの出ベソ騒動

20080910200507ペロンチョは、「出ベソ」である。裏返して、お腹を観察してみよう。シミだらけのピンク色で、ぽっこりと丸く張っている。ドックフードとウ〇チとオシッコで、いつも満タンなのだ。オス(♂)なので、ほかの付属品もある。

習字で名前を書くときに使う、小筆みたいになよっとしたおティン〇ィン、米粒より大きく、大豆のツブより小さいゴールデンボールズ…まだまだ生まれて3ヶ月なので仕方がないが、その2つよりも大きいのが、出ベソである

1ヶ月前までは、“あ、ちょこっと盛り上がってるね?”ってくらい、蚊に刺されてポコっとふくらんだくらいのモンだった。でも、男のシルシを抑えて成長を遂げ…今では、立派な押しボタンくらいの存在感がある

出っぱってたら、押すか引くか、やってみるもんである。ケイトリンは押してみた…“グチュ”。水っぽい、気持ちワルイ音だ。「ペロ、平気?」…一応問いかけてみたが、ペロはケイトリンの指をクチャクチャ舐めるのに夢中で、何も感じないようである。

湿っぽい音の正体が気になったパパは、動物のお医者さんに相談しに行った。大したコトはないだろうと思っていたのだが、なんと手術が必要だという。「内臓に近いですしね、処置しましょう。それから、残った乳歯の除去(ガチャッ歯防止)、去勢もイッキにやってしまいましょう。1ヶ月後に、2日くらい入院してもらいます」。

“神様からもらった体を改造されてしまうのか! ペロはまだ4ヶ月だぞ! 健康とより良い生活のためとはいえ”…パパとママは切なさでいっぱいだ。ホワホワの毛玉みたいに太っちょに見えるペロだけど、まだまだ頼りない赤ちゃんなのだ。

粉ミルクをかけたやわらかいドックフードを食べ、体を洗えば普段の愛嬌はどこに行ったのかと思うくらい、小さくてか弱いチワワみたいな体が出てくる。「小さいうちに、こんな可哀相な思いをさせるくらいなら、飼わなきゃよかった」などと極端に走るママを説得しつつ、パパは去勢すべきか否かを思案している。010 20080828212336_2 20080916182535

さて、今回は出ベソを大切に育てた、“ペロ本体”の成長も見てもらおう。いちばん最初に出した写真が1週間前、最高にモッサモサなスタイルである。膝の上で寝そべっているのは生後1カ月、とっても哀しそうに見えるのが2カ月ちょい、やけにりりしく犬っぽいのが、犬の美容院帰りのおとといである。

とてもじゃないけど、同じ犬には見えないのが、長毛犬種のシーズーの楽しいところだ。ママは「ボサボサじゃないと、ペロじゃない」と、すっきりカットを頼んだケイトリンにご立腹である。でも、やっと犬らしくなったじゃない?

|

« 華燭の典に招かれて ~フォアグラにテルミンにスピーチ、そしてヒゲのママ~ | トップページ | 夫婦の新習慣! ヘソのピルケース »

コメント

うわぁ~、同一犬物(?)とは思えないですね。
お化粧もせず、辛いスポーツジム通いをしてダイエットをしなくても毛をカットするだけでこんなにスッキリキリリと男前になるなんて、うらやましい・・・。
しかし、ケイトリンパパン&ママンのペロンチョへの溺愛っぷりは素晴らしい!!。娘より息子より孫の方が可愛いとは良く聞きますが、殆どその状況のような(笑。
子供の頃、よっぽどの事がなければ体調が悪いと訴えても、「寝て治せ!」と言わんばかりに病院へ連れて行ってもらった記憶の無い一人娘な私は妙に感心してしまいました(^-^;。。

投稿: Y田 | 2008年9月19日 (金) 10時17分

はじめまして!
シーズーが大好きで、色々検索しているうちに、こちらに辿り着きました。
ペロちゃん、出べそとのことですが、お迎えしたときにブリーダーさんから説明はあったのでしょうか。手術の費用は出してもらえるのですか?
変な質問ばかりですみません、実は今真剣に飼いたいと思っているので、差し支えない範囲で教えていただきたいのですが…。

投稿: Sarah | 2008年10月18日 (土) 03時44分

sarahさんへ
読んで下さって、ありがとうございます!
シーズーがお好きなんですね? 私も大好きで、友人の飼い犬(ブログ内ではモーモーで登場します)を預かるのが、本当に楽しみです。シーズーは吠えない、臭いにくい、抜け毛なし、愛嬌いっぱい穏やかで、本当に飼いやすいですよ。
さて、ペロの出ベソのコトですが、引き取りの時(2ヶ月)にブリーダーから聞いていました。
3回目のワクチン接種の頃(3ヶ月)のときに、獣医から手術のことを言われたわけですが、「出ベソでも、大きくならない場合はそのまんまで大丈夫」だそうです。そして、大きくなっても、“絶対手術しなくちゃいけない”ってワケでもないみたいです。
ただ、ペロの場合は♂なんで「去勢などと含めて一気に手術すると安い」という費用的な事情があります。(何度も手術すれば、毎回麻酔代なんかがかかって、その分コストがかかるってコトですね)。
去勢もしない、乳歯除去もしないっていうんなら、出ベソの手術もしない選択肢もあるかもしれません。
「ブリーダーの手術代の負担は?」というご質問ですが、以上のコトから考えると、受け取りのときに出ベソが大きくなるかどうかは個体差があり、自費でしなくてはいけないものなんじゃないでしょうか。
ちなみに、ペロの行きつけの獣医のところでは「乳歯除去+去勢+出ベソ」のセットで、7~10万円弱はかかるみたいです。
そうそう。去勢についてですが、ブリーダーや愛犬家の知り合いに、割と強く勧められました。穏やかになるのと、長生きをするという理由があるみたいです。「♀と交配できないんなら、生殖本能を持ったまま、生きていくのは気の毒ですよね」とか、ブリーダーさんは言っていましたよ。
でも、こういうコトって飼い主さんの予算と考え方の問題で、全然何にもしてない人も多いようですね。
実際、ウチの両親も「そのまんまのペロでいればいい」って、悩みつつも、まだ手術に踏み切っていません。
長くなりましたが、参考になりましたでしょうか? ちょくちょくペロや他の犬が登場しますので、暇なときに遊びに来て下さいネ!

投稿: ケイトリン(管理人) | 2008年10月18日 (土) 05時34分

早速のご丁寧なご返信ありがとうございます!
シーズーの仔犬を販売しているサイトを見ると、出ベソは欠陥みたいな書き方をしてあることもあるので、その点はブリーダーさんからちゃんと説明があったのかが気になっての質問でした。
今はペット不可のマンションに住んでいるのでまだ飼えないのですが、引っ越し次第、と思っているため、今ブリーダーさん探しをしているのです。ケイトリンさんが今回ご利用になったブリーダーさんはオススメですか。

投稿: Sarah | 2008年10月20日 (月) 08時49分

sarahさん、書き込み遅くなってゴメンなさい!
ブリーダーさん探し、いろいろな情報が交錯して大変でしょう。
ウチの場合は、歩いて15分のところにブリーダーさんがいたため、ほぼ即決でした。
(九州のほうにも気になった犬舎はあったんですが、空輸…って考えると、仔犬の負担や、そこまでする必要があるのかってトコロで、止めたのです)。
私は東京の中野区に住んでいて、ブリーダーさんは新井薬師前駅の近くの「ベルフレンド」です。
最初に知ったのは散歩の途中ですが、ペットの雑誌や書籍、シーズーの専門誌には必ず登場しているので、「まあ、大丈夫だろう」と思い、問い合わせをしてみました。
都心ですし、ペット雑貨の販売やトリミングのスペースも兼ねているので、かなり狭い犬舎ではあります。でも、清潔でしたし、犬たちの手入れが行き届いている感じがしました。
ブリーダーさんについては、明るくて如才がない方です。ただの愛犬家というのではなくて、“犬という生きている商品を販売するのだから”というプロ意識がある方だと思います。
仔犬が生まれて1週間目、1ヶ月、1ヶ月半と3回見に行きましたが、特に問題なくペロを引き取りました。
そうそう。私は両親にペロをプレゼントしたんですが、初めて見学に行った際、ブリーダーさんに「大人しくて、飼い主によくなつくオスの仔犬」と希望していました。
まず性別は、気質が穏やかということで、メスから売れていくんだそうです。性格は、大人しいとか、明るく活発とか希望がある場合は、メス犬の性格と両親の体格で判断するのが良いようです。
ウチの場合は私の母が病弱なので、小柄で大人しい母犬の妊娠を待ちました。父犬はアメリカチャンピオンでしたが、ペロはさほど大きな赤ちゃんでなかったのが幸いです。
(ほかのオスのチャンピオン犬を見せてもらったら、足裏の大きさが柴犬よりもでっかくてビックリしました。その犬の仔犬は、やっぱり骨太で大きめでしたよ)。
というわけで、最初からペロを予約していたみたいなものです。生まれたときに、「アタマの柄がズレていますが(左右対称じゃない)、大丈夫ですか?」と言われましたが、ウチの場合、それも個性で可愛く思ったので、飼うことにしました。
ブリーダーさんを決めてからも、家庭環境に合う仔犬をもらえるかどうかという悩みもありますね。
まあ、シーズーはハチャメチャになることはないでしょうから、そんなに気にしなくていいとは思うんですが。
ちなみにペロは大人しいハズが、大変なワンパクです。1歳までは落ち着かないと言われていますが、飼い始めてしまえば、どんな気質でも関係なくなりますね。
話があっちこっちに飛んでしまいましたが、ウチのブリーダーさんは多分大丈夫だということと、sarahさんが犬の性質に希望があるなら、それなりに待たなくてはいけない可能性はお伝えしておきます。参考になれば、幸いです。

投稿: ケイトリン(管理人) | 2008年10月22日 (水) 21時19分

ケイトリンさん、またまた懇切丁寧な書き込み、ありがとうございます。私のような通りすがりの者にそこまで時間をさいてくださり、本当に感激しました!

私も都内在住なので、ベルフレンドさんは第一候補でした。交配にもかなり気を使っている印象を受けたのですが、それでも出べそやアタマの柄のずれなど、色々あるのですね。でもそういったことも、確かに愛おしい個性の一つになりますよね。一口にシーズーとは言っても、気質も様々なのでしょうが、おっしゃる通り、飼い始めればきっとその仔が一番になるのでしょう。

今回は有意義なお話、本当にありがとうございました!晴れてシーズーを迎えられる日が来たら、必ずや参考にさせていただきます。

それでは、また寄らせていただきますね。これからも、可愛いペロ君のお写真、アップしてくれると嬉しいです。

投稿: Sarah | 2008年10月25日 (土) 00時24分

sarahさんへ
シーズーのコトとなると、私も大好きなもんですから、ついついコメントが長くなってしまい…失礼しました。
晴れて仔犬を迎えられたら、是非ブログなどで紹介して下さいね! 楽しみに待っていますヨ~。

投稿: ケイトリン(管理人) | 2008年10月25日 (土) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508227/42512014

この記事へのトラックバック一覧です: ペロンチョの出ベソ騒動:

« 華燭の典に招かれて ~フォアグラにテルミンにスピーチ、そしてヒゲのママ~ | トップページ | 夫婦の新習慣! ヘソのピルケース »