« 「数値」に揺れる健康夫婦 ~オットー&ケイトリン編~ | トップページ | 熱意を伝える文字のチカラ »

オットー&ケイトリン、ついにアウトドアに目覚める!

生まれて初めて、キャンプのお誘いがあった。富士山を3回踏破したゴールドストーン夫妻が、なぜオットー&ケイトリンに白羽の矢を立てたのか…「いいっすネ~!行きましょう!!」と快諾した後に、コトの重大さに気づいたのだった。

「オットー、キャンプしたこと、ある?」、「あるわけないじゃん」。「山登りとか、好き?」、「そりゃあ、好きじゃないよ」…そう、ふたりは根っからの“インドア人間”なのである。人並みにアウトドアに憧れはするが、オットーは「オレはカヌーがやりたい」などと発想が極端である。(近所のスーパーまで行くのも面倒がるオトコが、川までたどり着けるワケがない!)

ケイトリンは“遠くに行きたいワ…”とロマンチックなコトを始終考えるが、「ハイ、冷たいビール。飲んでから考えれば?」と差し出されれば、間違いなく酔っ払いワールドに遠出してしまうのだ。“サヨナラ、山と海!”…お手軽なリフレッシュ方法に甘んじるタイプである。

まあ、こんな性質を危惧しつつも、キャンプの日はやってきた。前日の酒が残って変な汗をダラダラかきながらの出発、焼き野菜担当のケイトリンは玉ネギを切る方向を間違えて串刺しにできず、オットーにあたり散らす有り様だった。(輪切りは繊維に垂直に切らないとね)。

ゴールドストーン夫妻の車で奥多摩の先、山梨県の小菅村に着いたのは夕方だった。雲が水気いっぱいで垂れ込めてる状態だったけど、ナントカもつかな…と思っていた矢先、雷鳴がとどろき、豪雨がやってきた。「アハハ。まあ、風がないだけいいね」…屋根のある炊事場で奥様のラピスさんと話していたら、絶妙なタイミングで突風

並べた紙皿やコップが吹き飛ばされ、地面にグッシャリとなった。初めてのアウトドアでそれでなくともおぼつかない手つきのケイトリン、気持ちもちょびっと折れそうになったのである。でも…ふとテントのほうを見ると、オットーが一生懸命働いているではないか! 

山なのにお獅子柄のアロハ着用のオットー、上から下までビッショリでテントを地面に固定している。金槌片手に設営をしているその姿は、まさに“アウトドアMAN”であった。やったね★オットー! 出かける前は、「オレはインドア代表として、ディレクターズチェアに座って、みんなの働きぶりを観察する」…なんて言ってたので、ワイフとしてホッとしたワケでもある。

みんなそれぞれ働いて、最初のビールが美味しかったこと! ゴールドストーン夫妻おススメの肉屋さんで準備したレバ刺しや味付け肉、ホルモンも最高だったし、“ああっ! お外で食べるのって、こんなに楽しかったんだ!”って心から思ったのである。肉の香ばしい匂いを堪能しつつも、ふと2、3歩踏み出すと深山から湧き出す霧が木々の清々しい香りを運んできてくれて、ほろ酔いの体には何とも心地よいのだ。

テントで4人でゴロ寝するのも、修学旅行みたいで楽しかった。ラピスさんが用意してくれた毛布を独り占めし、体に巻き込んで眠るオットーには腹が立ったが、4人の体温や呼気のせいだろうか、中は居心地良くて温かかった。寝る前によく分からない虫をつかんでしまい、オットーの陣地のほうに投げたが、“ま、いっか”…朝の5時までぐっすりと眠った。

翌日、残った肉や網焼きトーストでお腹をいっぱいにし、お昼頃キャンプ場を出ることになった。ゴールドストーン夫妻がテキパキと片づけをこなすなか、アウトドアに慣れない怠惰な肉体をもつケイトリンはうたた寝をさせてもらった。森林浴しながらの居眠りもなかなか気持ちが良い…と、テントの解体をするゴールドストーンさんがやってきた。

「ケイトリンさん、昨日の晩、虫を投げたって言いましたよね?」、「そうそう。オットーのほうに」。「テントの中にこんなに(手の平以上の長さ!)でっかいムカデがいました。それじゃないのかな?」、「イ、イヤ~ン!」…そういえば、何となくカサカサっとした長い感じ、丸い物体じゃなかったもんなあ…。

“はっ! っつうコトは、オットーの首にある赤い大きなポッチは、ムカデ先生の歩いた跡なのでは!?”…「キスマークみたいな虫刺されだね」ってみんなでからかっていたが、ケイトリンが投げたムカデ先生がよじ登った可能性が高くなってきた。ちょっとやそっとじゃ起きないオットーなら、充分ありえるコトである。

まあ、こんな大自然のイタズラは許してやろう…。今回のキャンプの楽しさはそんなモノでは帳消しにできない。こんな思わぬきっかけを作って下さったゴールドストーン夫妻に、心から感謝…ケイトリンはすっかりアウトドアに目覚め、昨日から各地のキャンプ場を調査中である。

働くオットーもカッコよかったし、新しいファラウェイ・マウンテン家の伝説(?)がスタートしそうな予感…オットーが厚切りステーキを切るトコなんて、“ん~、ジューシー♪セクシー♪”である。

|

« 「数値」に揺れる健康夫婦 ~オットー&ケイトリン編~ | トップページ | 熱意を伝える文字のチカラ »

コメント

キャンプたのしそうですね♪
私もどっちかというとインドア派です。
友達と初めてバーベキューしたときはすっごくたのしかったです。
外で食べるとなんであんなにおいしいんでしょうねー。
不思議ーー。
テント張ってのキャンプはしたことないのでちょっと興味あるなあ。

投稿: ひろみ | 2008年7月 9日 (水) 20時33分

どうも、ラピスです(^-^)
ラピスって名前ナイスですね。
今まで考えたことなかったです。
ゴールドストーン ラピスってすごい天然石な名前!

キャンプおつかれさまでした~。
初めてのキャンプなのに過酷なシチュエーションthunderになってしまって申し訳なかったです。
でも、あんなことやこんなこと、いろいろ楽しかったです。
アウトドアに目覚めたって読んで安心しましたdash
また一緒に行きましょうねnote
オットーさんが厚切りステーキを切る姿私も見てみたいわ。

投稿: ゴールドストーンワイフ | 2008年7月10日 (木) 00時35分

二日酔い+カーブの多い道路+突然の雷雨+オットーさん体験の不思議(幽霊?)な体験等々……。
僕がインドアでこの体験が初めてなら、きっと次回のお誘いを考えてしまうな。
でも、川沿いを何度か歩いて回ったりしていると、意外と
水深が浅い箇所が多く、夏真っ盛りの時には
かわっぺりであそべるかなーと思いました。

次回はBBQでもいきましょう。
初体験おつかれさまでした。

投稿: ゴールドストーン夫 | 2008年7月10日 (木) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508227/41777270

この記事へのトラックバック一覧です: オットー&ケイトリン、ついにアウトドアに目覚める!:

« 「数値」に揺れる健康夫婦 ~オットー&ケイトリン編~ | トップページ | 熱意を伝える文字のチカラ »