« おハイソ・ランナーに負けない“イーティング(eating)・ハイ” | トップページ | かつての神童がメガネをかけるワケ »

“ヘソ出しルック” ~オットー&ケイトリン、それぞれの事情~

去年からのお気に入りTシャツを着たら、“ん?”って思った。“こんなにチビTだったっけか?”。胸のところのデザインの横伸びも気になったケド、取りあえず出かけてみた。

イヤ~、マイッタ! 歩いているうちにどんどん裾が上がっていき、ヘソ下丈のハズがヘソ出し”になってしまうのだ。通行人の目を奪うような美しい腹ならいいが、そうではない。柔らかい贅肉がポインポイン動く有り様に、“ああっ!”通行人もケイトリンも、恥ずかしくなってしまうのだった。

太ると脂肪である胸も大きくなるので、こういう現象が起こるらしい。そういえば…日常のオットーの姿が走馬灯のように巡る。「たまには、体を90度(座ってる状態)にしなさいよ!」、「エー、ヤダー」…家にいるときは、ほとんど体を180~120度に保っているオットー、トイレと食事以外では、決して起き上がらない

そして…いつも、ヘソが見えているのである。どのシーンを思い浮かべても、いっつもヘソとポソポソしたギャランドゥーが、コンニチワしているのである。

考えたくはないが、オットーは自分のヘソが出ていることに気づいていない可能性がある。いつだったか、「腹を出しておくと、涼しくて気持ちイイ」って言っていたことを思い出す。気持ちイイのが日常化して、出しておくのが自然になってしまったのだ。

“こうなっては終わりヨ。ケイトリン、オットーのようになってはダメ”…“牛丼に生卵をかけるとノド越しが良くって、噛むのを忘れちゃってるオトコ”を注意しながら、思うのである。

Photo_2話はそれるけど、ファラウェイ・マウンテン家の抱き枕、ラブラドール・レトリバーの「長助」(体が長いから、この名前)は、Tシャツを着ている。オットーが食べかすを付けたり、濡れた頭をくっつけたりするので、窮余の策である。ケイトリンの要らないTシャツだけど、なかなか可愛いじゃないか…サスガ、ファラウェイ・マウンテン家の愛犬だ!

|

« おハイソ・ランナーに負けない“イーティング(eating)・ハイ” | トップページ | かつての神童がメガネをかけるワケ »

コメント

ごぶさたです。
この抱き枕かわいいーheart04
うちのはもう使いすぎてボロボロ・・・。
こんだけかわいかったらいい夢みれそう♪
むっちゃ欲しい!!!

投稿: ひろみ | 2008年5月18日 (日) 20時56分

ひろみさん、お元気そうで何より~!
ウチの長助をホメてもらって、光栄です。
何度も洗濯しながら、使ってるので体中フニャフニャですが、
今日もオットーに愛用されています。
ちなみに長助の出身(販売元)は「マザーグースの森」(http://www.rakuten.co.jp/mg-mail/)ってトコなんですが、
今は売ってないみたいですね。何しろ、あたしが独身時代のときに買ったもんなんで…。
「しろたん」というアザラシの抱きぐるみが今は人気みたいですね。長助よりも抱き心地が良さそうです。

投稿: ケイトリン(管理人) | 2008年5月18日 (日) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508227/41247126

この記事へのトラックバック一覧です: “ヘソ出しルック” ~オットー&ケイトリン、それぞれの事情~:

« おハイソ・ランナーに負けない“イーティング(eating)・ハイ” | トップページ | かつての神童がメガネをかけるワケ »