« Bダッシュには要注意! “NINTENDO”を着る男 | トップページ | ダラリン・オットーを呪縛する“オオカミ”とは? »

オットーが着こなす! ケイトリン・リメイクの素敵パンツ

P1000690_2 “NINTENDO”を着る男、本日はオサレなクロップトパンツを着用である。スリム感がまったくないシルエットが80’sをホウフツとさせ、懐かしい気持ちにさせられる。素敵なポージングの足元が、チェックの健康イボイボスリッパというのも、泣かせるじゃないか!

オットー・ファッションの生みの親は、ケイトリン・ファラウェイ・マウンテンである。特技は“洋服の効率的リメイク”…邪魔なところは切って捨て、実用ヒトスジの代物に変えるのである。

今回のクロップトパンツのリメイク・ポイントを説明しよう。もともとこれは、裾が長めのリラックスパンツであった。柔らかい肌ざわりがオットーのお気に入りで、随分長いこと履いているのだが、ひとつ問題があったのである。

ナガ~い裾をズルズルひきずり、部屋中のホコリをくっつけて闊歩…水をこぼしたトコロなら、オットーが拭き取ってくれる有り様だった。シッカリと持ち上げて股上で履いてくれればいいんだけど、ウエストがない“ツルルン玉子ッ腹”なので、すぐに落っこってしまう。本人が全然気にしてないのも問題だった。

あの日がやってきたのは突然である。「オットー! 裾持ち上げてズボン履きなさいよッ!」、「エ~。ヤダー」。「フザケンじゃない!」…イライラがつのるケイトリンを見て、オットーの目が光った。

2_03殿中でござる! 殿中でござる!」…お尻のスレスレまで履き口を下ろし、長い裾をバタバタさせて浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)を始めたのである。“コ、コノ野郎”…ケイトリンは決めた。オットーのズボン・リメイク計画を謀ったのである。

♪素敵なリメイクの始まり♪…長さを測らず、目検討でズボンをぶった切る。(ふう~、溜飲が下がった)。ミシンにピンクの糸をセットし、縫う。(オットーはピンクが嫌い)。思ったよりかなり短めになっタッタ。

「何よ、コレ。ヤダ~。オレ、こんなの履きたくない!」。「馬鹿だなあ。コレ、こういうのクロップトパンツって言って、大人気ヨ。みんな履いてるんだから!」(女の子はね)。

ここのところの暑さで、家の中ではトランクス一丁のオットーを追っかけ、無理やり履かせたのが昨日のことである。“何だ、案外似合うジャン”…実用主義リメイカーとして、これからも頑張れそうなケイトリンである。

|

« Bダッシュには要注意! “NINTENDO”を着る男 | トップページ | ダラリン・オットーを呪縛する“オオカミ”とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508227/41159606

この記事へのトラックバック一覧です: オットーが着こなす! ケイトリン・リメイクの素敵パンツ:

« Bダッシュには要注意! “NINTENDO”を着る男 | トップページ | ダラリン・オットーを呪縛する“オオカミ”とは? »