« いざ眠らん…“オットーのクサクサ”に包まれて | トップページ | 日常坂の自転車レース ~オットーの勝利~ »

実家がなくなるとき③ ~ママの痛快発言~

ケイトリン・ママが、モノを大切にする人であることは間違いナイ。しかし!大事にしすぎて流行が過ぎてしまった洋服しまいこんで湿気にやられてしまった新品の毛布、そんなモノばっかりになってしまうのだ。引っ越しの荷物詰めを手伝うたびに、それを捨てる捨てないでひと悶着起きるので、なかなか大変である。

「あ~あ~、勿体ない! ろくすっぽ使わないで捨てるなんて。いつかバチが当たるよ!」…ママはいつもこんな怨念めいたことを言う。イライラがつのるケイトリンも負けてはいない。「だって3年以上使ってないモノをさ、今後も使うワケないでしょ!」。

今日もバチバチと火花を飛び散らせながら、シーツや座布団を捨てていたケイトリンだったが、思い通りにならないママはかなりストレスを溜めていたらしい。洋服ダンスの整理を始めた時点で、ダンマリを決めこんでしまった。“あ、こりゃ厄介だぞ”…気づいたケイトリンは努めて明るく言った。

「ママ、次に洋服を買ったらさ、古いのは一枚捨てるくらいの感じでイイんじゃない?」。もちろん、その通りにしろってことじゃなくて、そのくらいの感覚でいたほうが、ママのような物持ちのいい人にはイイってことだ。ママはぼそっと返事をした。

あたしはケイトリンと育てられ方が違うから」。「ええっと、ママ!? ケイトリンを育てたのはママなんだけど?」…大笑いしてしまった。この話はパパとオットーも大ウケだったんだけど、ママはあくまでも真面目だったな。世代の隔たりだけじゃなくて、価値観の違いを感じてケイトリンを軽蔑してる風だった。

年をとってきたパパ&ママを見ていると、ケイトリンの親であるという立場よりも、ひとりの自分としての“”がどんどん濃くなってくるような気がする。親としての分別から解放されつつある今、良い意味で無邪気な“個”が再び目覚めているような…そんな気がするのである。

そりゃ、保険だ年金だと月並みな問題は口にするけれども、そんなモノを超えるような爽快感があるんだよな…、とくにママを見ていると。今日の「あたしはケイトリンと育てられ方が違うから」なんて、かなり面白いじゃないか! そうそう、“痛快”って言葉がピッタリくるなって思ったのだった。

|

« いざ眠らん…“オットーのクサクサ”に包まれて | トップページ | 日常坂の自転車レース ~オットーの勝利~ »

コメント

>「あたしはケイトリンと育てられ方が違うから」

って・・・笑っちゃいました!!
ナイスなおかあさまですね。

ああ・・うちはオットーがなかなかモノを捨てません。
特に本。もう押入れは文庫本だらけです・・・。


投稿: ひろみ | 2008年4月24日 (木) 21時18分

記事とは関係ないのですが、最近「あらびき団」見はじめました♪

ダンナは「ザ・パンチ」がおもろいわーって言ってます。
「この番組おもろいー。だれにおしえてもらったん?」っていってたので「ケイトリンさんにおしえてもらってん。」って言いました。
教えてくれてありがとうございました!!

投稿: ひろみ | 2008年4月24日 (木) 21時34分

ひろみさん、コメントありがとう!
ウチのオットーも、ものすんごい読書家なので、本は溜まる一方です。折を見て、要らないのはブックオフに売りに行くようにしてますよ。本当に好きな本なんて、少ないですもんね。
「あらびき団」、観てくれましたか! 嬉しいでーす!
なんかオモロイですよねー。最近はちょっとタイミング逃して観れてないんですが、ザ・パンチ、チェックしときます。
あたしがナベアツを初めて認知したのも、この番組でしたヨ。

投稿: ケイトリン(管理人) | 2008年4月30日 (水) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508227/40976413

この記事へのトラックバック一覧です: 実家がなくなるとき③ ~ママの痛快発言~:

« いざ眠らん…“オットーのクサクサ”に包まれて | トップページ | 日常坂の自転車レース ~オットーの勝利~ »