« ファラウェイ・マウンテン式“自意識満足トレーニング” | トップページ | ネボスケの免罪符 »

エイプリルフールに聖者のオットー

今日のお話を書こうと思ったら、目の前のベランダが妙に気になる。目を上げたら、オットーが白目とベロを出しながら、パラパラを踊っていた。“ヤダーッ! ファラウェイ・マウンテン家って面白いのね!”って思われそうだけど、こういうの、付き合い始めてからカウントして5年、毎日のコトだからね。そろそろ新ネタでもイイのではないかと思う。

晩ご飯の仕度をしている最中、“エイプリルフールだから、何かウソをつこう!”と思いついた。真実味のないネタだとすぐバレちゃうし…ケイトリンは練りに練った案を実行してみたのである。「オットー、あたし、あやまらなくちゃいけないことがあるの」。

「え?なに?」…オットーの、帰宅直後のウキウキ感がサアーッと引く。ファラウェイ・マウンテン夫婦の“あやまらなくちゃいけないコト”は、普通の夫婦なら“極刑”に値するコトもあるからだ。ニヤリ。「あたしね、6万円の靴、買っちゃったの」。「えっ、ウソ!」。「ホントだよ。この靴」。ちょっと前に本当に買ったヤツ、でも1万円の靴を差し出した。さあオットー、どう出るか!

「ふ~ん。6万円の靴なんてあるんだー」。「え、でもコレ6万円なんだ」。「そっか、そっか。ふーん」…つまんない。つまんないよ、オットー! ケイトリンの負けじゃないか!! 理由そのイチ、普段1万円弱の靴しか履かないオットーがあまりに清貧の人で、ケイトリンが悪妻になってしまったこと。(高い靴なんていくらでもあるのにさあ~)。理由そのニ、“安っぽい靴”と思いながらも、“高かろうが安かろうが、ケイトリンが気に入ったなら仕方ない”と達観できる大人物(だいじんぶつ)加減…ケイトリンの完敗である。

「ウソに決まってんじゃない。1万円の靴だよ」。「だよねえ!」。「いや、エイプリールフールだからさ、考えたんだよ。あ、ホントはウ〇チもらしたんだけど、それは言えなかった」。「いや、ケイトリンはそんなコト、するわけないもん」…なんてことない出来事だったんだけど、こうやって書いてみて分かった。オットーはケイトリンをモロモロ信頼してくれてるんだなーってコト。あんがと、オットー。とりあえず、些細なことから、ウ〇チは絶対もらさないように気をつけよう。ビール飲み過ぎると、お腹がゆるくなるんだよな~。

|

« ファラウェイ・マウンテン式“自意識満足トレーニング” | トップページ | ネボスケの免罪符 »

コメント

ケイトリンさん、そんなウソ?よくできますねえ(笑)
私、だまそうとしても話すときに笑いがこらえられないんです。
話してる途中にプッと噴出しちゃうんですよねえ。

うちのダンナはこれがうまいうまい。私はまんまとひっかかっちゃいます。

ケイトリンさん、ダンナさまに信頼されててうらやましい♪
ラブラブheart02じゃないですかー。

6万の靴あったら欲しいー!!(笑)

6万の

投稿: ひろみ | 2008年4月 2日 (水) 22時23分

いやあ、あたしもニヤニヤしながら嘘を言ってるんですが、オットーはイマイチ気づかないんですよね。「ホントだよ!」って言い募れば、「そっか」って信用してくれるし。
6万円の靴、言ってみた張本人のあたしも欲しいです。去年、「一生大事にするから」って4万円の靴を買いましたが、7センチヒールなのに履きやすいんですよ。やっぱ違いますな。

投稿: ケイトリン(管理人) | 2008年4月 4日 (金) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508227/40728618

この記事へのトラックバック一覧です: エイプリルフールに聖者のオットー:

« ファラウェイ・マウンテン式“自意識満足トレーニング” | トップページ | ネボスケの免罪符 »