« 運転手に伝わるか、“感謝”のドリンク | トップページ | ドルジとオットー、愛憎の図 »

ある凡人夫婦の死闘  ~正月執筆編~

オットーは今日も泊まりだが、頑張っているだろうか。さっきの電話では、「今回(の入稿)はビリか、ビリから2番目だなー」って言っていたけど、たいていこの2つのポジションは死守してるよね、ハニー…。とにかく、あとひとふん張りだ! 

ある正月に、一緒に仕事をしたことを思い出す。オットーはライターに頼まない原稿を自分で仕上げ、ケイトリンはグルメ記事をたっぷり書かなくちゃいけなかった。「終わったら飲みに行こうネ。さあ、競争だ~!」とか言って、お互いパソコンに向かったのである。ここから先は、オットー&ケイトリンの死闘の様子を時系列に記したので、読んでいただこう。

「15分後」…ケイトリン☆ちょっとスイッチが入ったトコ。“筆が乗ってきたゾ!”。オットー★そろそろ集中力が途切れてきた。“ん~。新しいクレジットカード、何を作ろうかな”。

「30分後」…ケイトリン☆文章の構成だけで、頭がいっぱい。オットー★仕事を忘れる。カード情報のウィンドウが、何枚も開いている状態。

「1時間後」…ケイトリン☆無我の境地。パソコンと自分の間しか世界はない。オットー★「えっと、ケイトリン。コーヒー、飲みたくない?」と聞き、自分だけ淹れる。新規カード契約について、ゆっくり検討中。

「1時間半後」…ケイトリン☆ふと我に返り、オットーを見る。「集中力、ないね~」と笑いながら、“たしなめる”。オットー★“そろそろ仕事すっか”って思う。この時、書き上げた原稿は3行くらい。

「3時間後」…ケイトリン☆筆が鈍り始める。混乱してイラつく。オットー★ちょっと頑張ったけど再度気が散り、クレジットカードの世界へ。15行くらい書き終わった。

「3時間半後」…ケイトリン☆八つ当たりしたくなる。オットーの怠惰な姿に怒り爆発。「早く終わらせて、飲みに行こうって気はないワケ?!」(結局それか)。オットー★「やるよ、やりますよ」と言う。“ホントにそろそろやらなくちゃ”と素直に思う。

「4時間半後」…ケイトリン☆だいたいメドがつく。気分が良くなって、オットーのトコに行ってしゃべりまくる。オットー★今日初めてのスイッチが入っている状態。「ケイトリン、うるさいよ」と怒る。

「5時間後」…ケイトリン☆穏やかに筆を進める。“どこに飲みに行こうかな~。フンフフンフフ~ン♪”。オットー★ダカ!ダカ!ダカダカダカ!…(ド迫力のキーボードタッチ。ノリノリ)

「5時間半後」…ケイトリン☆最後の集中。再び、無我の境地。オットー★イイ感じに書けてるので上機嫌。トイレに行くついでに、ケイトリンにちょっかいを出す。腹にパンチを食らわさられて、「DVだ!」と憤慨する。

「6時間後」…ケイトリン☆お疲れさまでした! 終わって気分爽快さ。オットー★“火事場のクソ力”で、残り3行までこぎ付ける。タバコをくわえながら、眉をしかめてパソコンに向かう。“仕事モードのオットーはカッコいい”…そんな熱視線を送られているとは、つゆ知らず。

以上、オットー&ケイトリンの“正月の死闘”のあらましである。大体分かると思うけど、ケイトリンは“人一倍頑張らないと結果を残せないタイプ”で、オットーは“頭の良さで結果を残すけど、ギリギリまで火がつかないタイプ”なのである。ケイトリンの集中力とオットーの才覚、瞬発力があれば、世界征服だってできそうな気がするんだけど、“天はニ物(にぶつ)を与えず”はホントだね。世の中はバランスよく凡人で満ちあふれてるから、平和なんだろう。

|

« 運転手に伝わるか、“感謝”のドリンク | トップページ | ドルジとオットー、愛憎の図 »

コメント

私は常に読む側ですが、原稿が出来上がるまで、こんなに
大変なんですね。
恐れ入りました!!

私も学生のころテスト勉強しないといけないのに
現実逃避したくて?部屋の掃除をはじめたり、集中力×でした(笑)

投稿: ひろみ | 2008年3月23日 (日) 07時55分

ひろみさん、コメントありがとう! いやいや、今回はあくまでも、凡人編集者&ライターのお話ですから、大変そうな感じなんですよー(笑)。ちなみに学生時代、オットーは試験勉強をしたことがほとんどないそうです。(「授業をちゃんと聞いてれば、しなくて平気ジャン」ですって!)。あたしは3連徹して、暗記しまくったりしましたが、試験の日の朝は幻覚を見た記憶があります(笑)。

投稿: ケイトリン(管理人) | 2008年3月23日 (日) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508227/40604077

この記事へのトラックバック一覧です: ある凡人夫婦の死闘  ~正月執筆編~ :

« 運転手に伝わるか、“感謝”のドリンク | トップページ | ドルジとオットー、愛憎の図 »