« 「Wの悲劇」 ~胡麻の怪事件~ | トップページ | ある凡人夫婦の死闘  ~正月執筆編~ »

運転手に伝わるか、“感謝”のドリンク

そろそろ雑誌の入稿時期にさしかかり、さすがのオットーも戦闘モードだ。帰ってきたのも朝9時過ぎで、「ご飯軽く食べて、すぐ寝る」と言う。いつもならペロリと平らげるBIG豆腐ハンバーグ(豆腐6に対し肉4なので、へるしー!)を半分しか食べず、何だか心配である。

帰りのタクシーに携帯を置き忘れるなんてミスも、こんな時だから起きたのかもしれない。降り際(ぎわ)に、20円の細かいお釣りが“ある/ない”のやり取りをしてたら、ついついウッカリしてしまったとのことだった。

領収書をもらっていたので、すぐにタクシー会社に連絡すると、また届けに来てくれるという。「さっき20円おまけしてもらったし、なんか悪いなー」とつぶやくオットー。“じゃあ、何かお礼の品でも”と思って、家中の食品をかき回すが気の利いたモノは何もない

「オットー、こんなんでいいかね?」…ケイトリンが苦慮した末に選んだのは、「野菜缶ジュース1000ml」、「ウコンの力」(二日酔い防止の栄養ドリンク)。正直、“もらって微妙”な品々である。1リットルの「野菜缶ジュース」をゴクゴク飲んでるタクシーに乗りたいかって言うとそうでもないし、「ウコンの力」で準備万端!ってな運転手さんも、イヤなものだろう。でも、“洋梨ジャムサバの水煮ビーツの缶詰よりは、いいかな”と、ケイトリンは思ったのである。

感謝の気持ちと20円と、“こんなんでゴメンね”の気持ちがいっぱいに詰まった二品を持って、オットーは携帯を受け取ってきた。運転手さんの反応はどうだったのだろう? 「何か、ブツブツ言ってた」…オットーの不注意をなじるような感じで、あまりいい雰囲気とは言えなかったようだ。運転が乱暴だったっていうし、ちょっと短気な人だったのかも。あの品々が火に油を注ぐことになってないと、いいんだがなぁ…。

|

« 「Wの悲劇」 ~胡麻の怪事件~ | トップページ | ある凡人夫婦の死闘  ~正月執筆編~ »

コメント

とどけてくれるというのにブツブツ言ってたって・・・。
応対してくれた人と届けてくれた人は違う人だったのでしょうか?

感謝のドリンク伝わってますよ、きっと・・・。

投稿: ひろみ | 2008年3月22日 (土) 03時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508227/40574404

この記事へのトラックバック一覧です: 運転手に伝わるか、“感謝”のドリンク:

« 「Wの悲劇」 ~胡麻の怪事件~ | トップページ | ある凡人夫婦の死闘  ~正月執筆編~ »