自己紹介文

ようこそ、「今夜も最高!オットー&ケイトリン」へ!
読んで下さってありがとう。管理人のケイトリンです。
オットー・ファラウェイ・マウンテンと結婚して早3年、いとおしい日常を記録してみるか!(ま、ヒマだし)と思い立って始めました。
“その日いちばん面白かったコト”…でも、あまりに些細で一年経つときれいに忘れてしまうようなコト、そんなものを書き連ねていくつもりです。
ふたりのことを知らない方は、あまり面白くないかもしれませんので、最初のツカミとして、ステキ写真を載せてみました。右がオットー、左がケイトリン。白目むいてます。
「白目むき」はオットーの特技で、コツは“脳みそのてっぺんを見ようとすること”だそうです。(無理っ!無理っ!)
毎日、こんなレベルのお話ばかりを積み重ねるふたりについて、簡単に紹介を。
オットーは1972年生まれ、雑誌の編集者をしています。ケイトリンは3つ年下で、たまにライターの仕事もする主婦です。東京・中野区に住むふたりの楽しみは、「飲み屋のハシゴ」。“おでんで軽く飲んで、焼き鳥屋で腰を据え、最後は東京ラーメンでシメ”、とかそういう酒場ツウな呑み助ではありません。
なんでもいいんです、なんでも。イインダヨ。
学生時代に武勇伝をやっちゃったチェーン店から、ちょっと良い感じの飲み屋まで、どこへでも行きます。で、ものすごい食べて飲みます。帰り道はあんまりお腹いっぱいで、タクシーをつかまえてなけりゃ、アイスクリームをなめながらテクテク歩きます。
「あ~、月がキレイだね、オットー」、「あ~、腹いっぱいで眠い」…こんなに幸せなことって、ふたりにとって他にありません。(それって、ちょっと可哀相な気がしなくも…)
書き始めからのテンションと随分違ってきてしまったので、この辺でオシマイ。ステキな思い出帳を目指す、妻・ケイトリンの脱線ぶりと、超レアなオットー発言(単にものぐさ)、合わせてお楽しみ下さいね。

興味のあること

相撲,料理,晩酌,シーズー犬,モノクロ日本映画,ストウブ社の鍋,ジョナサン・キャロル(創元推理文庫),怪奇小説,チベット,自炊宿,シンプソンズ,ハリウッドセレブ,通販ショップ,歴史